不動産

投資用で不動産購入

不動産

投資を目的として不動産を購入する人は少なくありません。不動産会社の中には、投資用のマンションやアパートを販売しているところも多く存在しています。投資用マンションなどと聞いてもピンと来ない方も多いでしょうが、住むことを目的とせずに不動産を購入することを指しています。主に方法は2つあり、その一つがキャピタルゲイン方式です。価格が低い時に購入した不動産は、景気などの影響を受けることで価値が上がります。そのときに不動産を売って利益を得る方法をキャピタルゲイン方式と呼んでいるのです。もう一つの方法はインカムゲイン方式と呼ばれるものです。購入したマンションやアパートを貸し、家賃収入を得ることで利益に繋げる方法です。日本ではインカムゲイン方式が一般的に知られている投資マンションの活用方法と言えるでしょう。サラリーマンなどの仕事をしながら、投資マンションを運営している人も決して少なくはありません。

投資用マンションを購入する場合、一室のみを購入する方法と一棟丸ごと購入する方法があります。一室だけを購入する場合には、ワンルームタイプやファミリータイプから選択することが一般的です。間取りや広さで値段は高くなりますが、家賃収入を目的とする場合にはファミリータイプが適していると言えるでしょう。また、一棟買いする際には高額な費用を投じる必要があります。家賃収入としては大きいですが、管理が大変なことも想定して購入を検討すると良いでしょう。最近では、中古マンションを投資用として購入する人が増えてきています。初期費用がかからず、コストも安いことが要因となっています。人口が集中している大都市部に関しては、新築マンションの建設にストップが掛かっている場所もあるため、よりインカムゲインでの需要が高まることが予想されるでしょう。